筋肉の発達を阻害する

注射

製剤にも色々とある

近年様々なプチ整形が開発されており、整形手術に抵抗感を感じる人は減少傾向にあります。特に注射によるプチ整形は、ダウンタイムがほぼなく、周囲に整形手術を受けたことがばれずにきれいになれると大変人気です。そんな中、ボトックス注射は表情ジワ解消に定評のあるプチ整形ですが、張ってしまったエラを解消できるという側面もあります。そもそもボトックスがなぜ表情ジワの解消になるかというと、「筋肉を動かせ」という指令を運ぶ神経伝達物質が受容体に結びつくことを阻害するからです。それによって表情筋が萎縮しない状態になります。その状態が続いた結果、深い表情ジワを防ぎ、既にあるシワも緩和できるということです。この作用を咬筋に転用したのが、ボトックスエラ注射です。エラ骨が張っている骨格の人には効果は期待できませんが、歯軋りなどで咬筋が張っている人には効果が見込めます。歯軋りする人は就寝時に無意識の内にしていることが多く、それは毎日筋トレを続けているのと同義です。その場合、ボトックスエラ注射を何度か打つことで、発達してしまった咬筋を弱めてエラ張り解消を狙えます。ボトックスは個人差があるものの、半年に一回程度打つことを数年続けると半永久的に持つ可能性があります。ボトックスエラ注射に用いるボツリヌストキシン製剤は、様々な製剤メーカーから販売されています。元々ボトックスは始めに販売した製剤会社の商標登録名で、他メーカーの商品名には使われていません。しかし、美容クリニックでは分かりやすさに配慮して、どのメーカーのボツリヌストキシン製剤であっても「ボトックス注射」と呼びます。本家ボトックスは世界シェアナンバー1で、豊富な臨床データに加えて、実際の安全性や効果についても多くの医師が信頼を寄せています。ただ安いものではないので、他メーカーのリーズナブルなボツリヌストキシン製剤を使用するクリニックを選ぶのも一つの方法です。それから、ボトックスエラ注射に効果的な製剤、眉間のシワに効果的な製剤などがあり、その点にも注目したいところです。ボツリヌストキシン製剤は、タンパク質の含有量が少ないほど純度が高くなります。そうすると抗体が作られにくいため、繰り返し注射しても効果が減りにくいです。より効果を実感したい人は、純度が高いボツリヌストキシン製剤を注射するといいかもしれません。同じ「ボトックス」と言っても特徴は異なり、またクリニックによって取り扱いの有無が違います。使用する製剤の特性やリスク等も知った上で施術を受けると安心なのではないでしょうか。

Copyright© 2018 ボトックスエラの小顔効果とは?【局部注射をする美容ケア】 All Rights Reserved.