初めてのプチ整形

注射

筋肉によるエラ張り解消

美容整形の中でも外科処置を施さないプチ整形に分類される施術は、初心者でも試しやすく人気があります。ボトックス注射もその一つで、小顔を目指せるボトックスエラ注射も支持を得ています。しかし、気軽に受けられるからといって、医療行為であることに変わりはありません。医療行為にはわずかでもリスクが伴うということを頭に入れ、少しでも安全性に定評のある製剤を選ぶといいのではないでしょうか。そもそもボトックスエラ注射で小顔を目指せるのは、咬むときに使う筋肉、咬筋が張っている人の場合です。エラ骨が張っている場合や、むくんでいる場合には効果が得られないので注意が必要です。食いしばりや歯軋りをする人や硬い食べ物をよく食べる人は、咬筋が発達しています。ボトックスには筋肉を萎縮させる効果があるため、張っている咬筋を痩せさせることで、顔をすっきりさせられます。ただし、ボトックスエラ注射には即効性はなく、効果は徐々に現れるものです。個人差はあるものの、1、2ヶ月は待つ必要があります。そして、効果が続くのは長くて半年です。効果が薄れてきたタイミングで再注射するのを何度か繰り返すと、効果持続期間が長くなるとされています。また、注射を続けている内に筋肉が弱まり発達しにくくなるので、いずれ注射が必要なくなる可能性はあります。ボトックスエラ注射を受けようと思ったら、まず美容クリニックに予約を入れます。予約当日はカウンセリングと診察からスタートです。カウンセリングはドクターが直接行う場合と、看護師が行う場合とがあります。どのような悩みを持っていてどの治療を受けたいのか伝えますが、必ずしも希望の治療が合っているとは限りません。前述したように、ボトックスエラ注射は咬筋が張っている場合に効力を発揮しますが、骨格が問題の場合は他の治療を勧められる可能性があります。もちろん提案された治療法に納得できなければ受けなくても問題ありません。失敗を防ぐには、メリットとデメリットを知った上で自分にベストな治療法を選択することが大切です。納得ができるまで、しっかり医師と話し合いましょう。ボトックスエラ注射を受けることが決まったら、注射部分をメイクオフ及び消毒して、クリニックによっては局所麻酔をテープかクリームで施します。注射針は極細なので、痛みはほとんどありませんが、まれに内出血が起こることがあります。麻酔が効くまで30分程度待つ必要があるものの、施術自体の時間は10分から15分程度です。終わったら化粧直しをして帰れます。ボトックス製剤が咬筋から動いてしまわないよう、しばらくはマッサージ等を避けてください。

Copyright© 2018 ボトックスエラの小顔効果とは?【局部注射をする美容ケア】 All Rights Reserved.